HABITA三重アポア
会社案内 施工例 お問い合わせ Q&A アクセス
TOPCIS
2012年6月29日 住まいの湿気対策 自然派住宅 三重
梅雨を乗り切る、住まいの湿気対策

■第一は空気の入れ替え
 
 カビは適度な湿度と温度、そして栄養のあるところにはどこでも繁殖し、温度25〜30℃、湿度70%以上になると急激に発生しやすくなります。また、建材や仕上げに使われる接着剤や糊を栄養分として湿気のある場所に発生するので、まず通風をよくすることが重要です。こまめに窓を開けて換気を行うよう心がけましょう。

 密閉された部屋の中には湿気やカビだけでなく、ほこりやウイルス、またキッチンから水蒸気となった調理の脂分やにおいの分子なども漂っています。やがてそれは結合して部屋に沈殿し、キッチンや家具の汚れへと変化します。

 換気は健康のためだけでなく、家の中に汚れが溜まるのも軽減してくれる効果があるのです。

 日中外出していてなかなか難しい、という方は朝起きた時と夜寝る前の1日2回の換気を習慣とするといいでしょう。