HABITA三重アポア
会社案内 施工例 お問い合わせ Q&A アクセス
TOPCIS
2010年8月12日 200年住宅 「健康に暮らせる家 コラム」 8月
イタリア、フランスなどのヨーロッパの都市は家々の窓辺が花で美しく彩られています。窓辺を花で飾ることは、道行く人を楽しませる意味があります。さらに住人にとってよいも効果が期待できるのです。
欧州の家々の窓辺には、夏場になると白・赤・紫などの花をつけたゼラニウムが圧倒的に多く目に留まります。ハーブの一種であるゼラニウムは蚊が嫌いな香りを発します。窓辺にゼラニウムを植え、飾ることで蚊除けとなるのです。殺虫剤などの化学薬品に頼るより、天然ハーブを用いた方が健康的といえるでしょう。
また、ゼラニウムの香りは、人間にとっては不安や気分の落ち込みを和らげ精神を明るく高揚させる効果があり、アロマオイルとしても人気があります。
古来より人々の暮らしに取り入れてこられたハーブは多々あります。それらをもう一度振り返り、天然ハーブを暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。
By HIRO