HABITA三重アポア
会社案内 施工例 お問い合わせ Q&A アクセス
TOPCIS
2010年7月26日 構造体に予算をかける
 住宅の価格の内訳を知れば、住宅建設の予算計画に対する考え方が変わります。その中でも意外なのは、構造体の価格が思った以上に安いことです。将来のリフォームや、資産価値と言うことを考えれば、もっとも大切な部位であるはずなのですが。

 例えば一般的な住宅では、2000万円の価格でも、構造体に関する費用は100万円台です。ややもすると100万円台前半になります。こうした本体よりも、これらを隠すための部品や、寿命の短い設備などに多くの費用がかかっているのです。

 長く資産として残っている古民家を見習えば、構造体にこそ力と予算が注がれていました。HABITAはこうした予算配分も大切なコンセプトのひとつとして捉えています。一般的な材料との違いは右の表の通りです。

構造体の価格も公開しています↓↓
http://www.habita200.jp/menu01/cat154/#dei01